お店からのメッセージ

徳島の隠れた名産品

半田手延べそうめんは、約200年ほど前の江戸後期には、すでに全国にその名を広めていました。
時の将軍に阿波の名産品として献上された記録もあり、代表的な阿波の味として現在に至っています。
この伝統的な「技」は現在も受け継がれています。
おいしい、腰の強いそうめんをつくるために、小麦粉を塩水でねり、延ばし、これを熟成させて、さらに引き延ばしながら乾燥させます。
製造工程の一つ一つに、昔ながらの技が、心が生きています。

本物の味をお手軽にお楽しみくださいませ

半田手延べそうめんの最大の特徴はなんといってもその太さにあります。
独特のコシとモチッと感があり、そうめんなのに「食べごたえがある」のですが、
茹で時間が細いそうめんの3倍くらいかかるのがちょっぴり「面倒」さをもたらしていました。
そんな半田手延べそうめんの調理時間をスピードアップして、お手軽にお召し上がりいただけるようこちらの商品を開発いたしました。
一年中、お楽しみいただけるよう様々なお味のセットをご紹介してゆきたいと思います。

おすすめ商品

商品一覧